*お子様の治療
*矯正について
*インプラント
*ホワイトニング
*保険vs自費
*スタッフ募集
*ぱっくんクラブ
予防歯科をベースにした
一般歯科・小児歯科・矯正・審美歯科・インプラント
あさぎ歯科
高知市高須2-3-50
TEL088-861-0008
あさぎ歯科医院 予防歯科をベースにした一般歯科・小児歯科・矯正・審美歯科・インプラント
ホーム お問い合せ サイトマップ
1.
2.
3.
4.

それぞれについて解説しましょう


顎の骨に金属の棒(ソケット)を埋め込んでその上に歯を入れていく方法です。最も良い点は、他の歯を犠牲にすることなくここだけで歯を入れることができる点です。反面、よく考えていただきたいことは、他の歯が失われた場合どうするのかです
インプラントとインプラントはつなぐことが可能ですが、インプラントと他の歯はつなぐことができません インプラントに限ったことではありませんが、過去と現在を照らし合わせて、次にどうなるのかを予測し、今、行おうとしている治療がそのときどう役に立つのか?「生涯設計」を考えた上で治療の種類、期間、費用を決めていきましょう

(失った歯の両はしに歯がある場合)
両端の歯を削り橋渡しの形で歯を入れていきます
治療期間は短く、よく噛めますが、かなり両端の歯を削り込まなければいけません。
治療あとのない、手付かずの歯なら削る側としても躊躇します。
歯のないところにはのせているだけなので物がよく挟まり、お手入れがしにくいのが特徴です。

他にやりようがない場合の選択肢です
残っている歯にバネを引っ掛けて動かないようにしているのですが、1ミリぐらいの幅で上下左右に入れ歯本体が動こうとします。それに抵抗する形でバネが入っているのですがバネのかけられた歯は、明らかに寿命が短くなります。歯周病が発生していて入れ歯を入れなきゃならない場合、よほど気をつけて「生涯設計」を考えないとどんどん総入れ歯にちかづいていきますよ。

上記のどのやり方も良い点悪い点があります
いろいろ比較検討したうえで、今は手を出さないという選択肢があっても良いと思います。  
意外とこれが正解だったりして…。